読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綺麗事である

全ては綺麗事である。

生きてればどうにかなるとか、

それは生きてれば言えることであり

「ダメ人間」と言える優秀な人がいて

そうでない人間は既にこの世にいないのだ。

煌びやかな世界が発する「綺麗事」ぐらい

不愉快なことはないのだ。

井戸の中に落ちて立ちすくむ人間に何もしない。

何も思わないだろう。

ある雑誌の背表紙に「難民に服を送ろう!」という

不可解な文字が踊っていた。

それよりも何かやることがあるのではないのか?

綺麗事は綺麗ではない。

どこかしら泥がつき顔にシミがついているのだ。

身体の中にある鏡に日光が当たっても

それは明後日の方向へ飛んで行く。

頭の高ぶりはすぐ火がつきすぐ消えるが

腹の怒りはくすぶりなかなか消えることがないのだ。

悪夢は現実と地続きに続いて行く。