読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのなか

複雑怪奇な社会で

なかなか生きられない私は

はみだしたノートに

絵という線を絞り出す

いつか導火線に火がつくのを待つかのように

 

顔はあるようでない

整形なんてなんのその

 

もくもくあたまが燃え上がり

いつかは宇宙へ届くのを

待っているバカなふりをしてみたり

 

「あ」は「あ」の意味を離れ

「い」は「い」の意味を離れ

「う」は「う」の意味を、、

 

顔に「し」のパックを乗せて目を閉じる

起きた時に言葉の仄かな匂いを感じるのだ

f:id:ARUE:20170211020108j:image