読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストと感情と孤独の底に生まれるものについて。

孤独が底を打って何かが生まれればいい。

死が隣にいる。

拙いイラストはそれに寄り添ってくれる。

助けはいるのか?いらないのか?

生まれて死ぬだけのことに何の悩みがある?

苦しいと叫ぶしか出来ない。

深夜のテンションって人のネジを緩めますね。

今日人身事故があった。

その人は死んだのだろうか?

私の死を受け取って身を投げたのだろうか?

恨みや妬み、劣等感の粒は線となり色となる。

ああああ、という。

あ、は、あ、でしかない。

あ、は、あ、の苦しみや楽しみを含有している。

それを使えない私はイラストを描く。

誰にも認められないイラスト。

楽しいじゃないか。

嘘だ。

でもそれは止められない。

もうそれしか残っていないのだ。

涙を水彩画に使おう。

私も一人の人間であり、人より少しだけ多い不安を持つもの。

とりとめのない話。

起承転結を捨てて感情を食べよう。

もぐもぐ。

わはは。

うふふ。

f:id:ARUE:20170210045250j:imagef:id:ARUE:20170210045258j:imagef:id:ARUE:20170210045303j:imagef:id:ARUE:20170210045316j:imagef:id:ARUE:20170210045332j:image